アフリカの豊富な資源 開発に群がる外国企業 誰のための開発か【地図・データでポイント解説】

近年アフリカは資源大国として存在を高めています。
資源とはつぎのようなものです。

それぞれみていきましょう。

アフリカの鉱物資源

アフリカは大航海の時代から金が豊富なことが知られていて、ポルトガル人が取引にやってきていました。

1563年の西アフリカの地図。鉱山が描かれている。

現在でも、希少な鉱物であるレアメタルや石油、ダイヤモンドなどが広く産出され世界の注目を集めています。
また、

アフリカの鉱物資源分布地図

アフリカの鉱物資源と産出国

国名 レアメタル 石油 ダイヤ
アルジェリア 亜鉛、鉛、天然ガス
アンゴラ 鉄鉱石、天然ガス
ウガンダ
エチオピア 銅、亜鉛、 タンタル
ガーナ ボーキサイト マンガン、
ガボン 天然ガス マンガン、
カメルーン 鉄鉱石
ギニア ボーキサイト、
ケニア 銅、鉛、亜鉛、 ニッケル、
コートジボワール マンガン、
コンゴ共和国
コンゴ民主共和国 銅、スズ、亜鉛、銀、天然ガス コバルト、タングステン、
ザンビア 銅、 コバルト、プラチナ、セレン
シエラレオネ ボーキサイト チタン、
ジンバブエ プラチナ、クロム、リチウム、ニッケル、セシウム
スーダン クロム、
赤道ギニア 天然ガス
タンザニア チタン、ニッケル、
中央アフリカ
チュニジア 亜鉛、天然ガス
トーゴ
ナイジェリア スズ、鉛、天然ガス
ナミビア ウラン、亜鉛、銅、鉛、銀、天然ガス マンガン、セシウム、
ニジェール ウラン、銀
ブルキナファソ マンガン
ボツワナ 銅、石炭 プラチナ、コバルト、ニッケル、
マダガスカル ウラン、石炭 クロム、ニッケル、コバルト、プラチナ、
マリ
南アフリカ 石炭 プラチナ、マンガン、バナジウム、クロム、レアアース、
モーリタニア 鉄鉱石、石油、天然ガス
モザンビーク ボーキサイト、天然ガス、石炭 チタン、
モロッコ 銅、鉛、亜鉛、銀、天然ガス コバルト、
リビア 石油、天然ガス
リベリア
ルワンダ スズ タングステン、
レソト

資料:資源エネルギー庁「アフリカの鉱物資源の重要性と我が国の取組み」他。資源は存在の見込みも含む

レアメタル

レアメタルは、ハイブリッド自動車、テレビ、パソコン、スマートフォンなどのIT機器などで使われていて、これらの生産が高まるにつれ需要が高まっているのです。

レアメタルを生産しているのは中国で、93%と圧倒的です。

1つの国からだけ輸入していると価格が高くなったり、外交的に利用されたり不利益になることがあります。
なので、レアメタルを必要としている国々は他の生産国を探しているのです。

石油

アフリカでは石油開発も行われています。
アフリカの国1国だけでは技術がないために、外国企業と政府が共同で行うことになります。
政府が独裁政権だったりすると、開発の利益が政権に独占されて国民に行きわたらず、内戦やテロにつながる場合があります。

ダイヤモンド

ダイヤモンドを生産している国は世界で23カ国あります。
そのうちの17カ国がアフリカの国です。
世界の45%のダイヤモンドがアフリカ大陸で生産されています。

アフリカのダイヤモンド産出割合

世界のダイヤモンド産出量

2017年 単位:1,000カラット

国名 産出量
ロシア 42600
カナダ 23234
ボツワナ 22900
コンゴ民主共和国 18880
オーストラリア 17143
南アフリカ 9690
アンゴラ 9440
ジンバブエ 2511
ナミビア 1948
レソト 1126
タンザニア 304
シエラレオネ 289
ブラジル 255
ギニア 181
ガーナ 82
リベリア 63
ガイアナ 52
中央アフリカ 48
コンゴ共和国 47
インド 41
トーゴ 15
コートジボアール 7
カメルーン 2

資料:USGS

紛争ダイヤモンド

高価なダイヤモンドで国民が十分に潤っているかというとそうではありません。
逆に紛争のきっかけになってしまい貧困を促進する要因となっている場合があるのです。

アフリカの森林資源

アフリカは真ん中に赤道が通っていて周辺は熱帯雨林気候です。

資料:気象庁ウェブサイト。通年平年値。

熱帯雨林の中には黒檀・紫檀など高級木材がある場合があります。

ジンバブエの熱帯林

Image by katja from Pixabay

アフリカの農地

アフリカでは多くの人が農業に従事しています。

アフリカの農村人口比率

資料:FAO

にもかかわらず、穀物の自給率は低く、輸入に頼っています。

アフリカの穀物自給率

資料:農林水産省

アフリカ大陸は広大ですが、農業ができる土地の2割しか開墾されておらず、まだまだ開拓の余地があります。

世界では農業用の土地が不足していて、農地を求めています。
そしてアフリカでは、広さを活かした効率のよい農業が必要とされています。

この両者の思惑が一致して、アフリカでは外国企業と政府とが契約を結び農地開発が進められています。
ところが、生産物はほぼ輸出され、利益も地元住民に還元されるシステムにはなっていませんでした。
住民は貧困から脱するどころか、土地を失ってさらに困窮する事態にもなるのです。

地元住民が収穫して、外国の商社に売る場合もあります。
その場合も収穫した量よりも少ない支払しかされないことがあります。
住民は商社から借金をして肥料や種などを買うので、その返済に充てられてしまうのです。
収穫は豊富でも、常に借金をかかえた生活になり貧困は解消しません。


< TOPページにもどる