OECD加盟国

OECDとは

「OECD(Organisation for Economic Co-operation and Development)」は日本語では「経済協力開発機構」といいます。

OECDは国の情勢が安定し経済力が高い国が加盟を認められる組織であるため、OECDに加盟している国が先進国であるというみかたがあります。

OECDは世界の経済的・社会的福祉を向上させることを目的とした国際的な機関で、1961年に設立されました。

もともとは、第2次世界大戦が終結した際、戦争に勝ってしかも戦場にならなかったアメリカが、傷だらけのヨーロッパにたいし、大規模な援助を行ったヨーロッパ経済復興援助計画(マーシャルプラン)から始まったものです。

援助されたヨーロッパ諸国は復興を遂げ、世界の政治・経済をけん引するようになっていったのです。

1961年の設立時には20カ国が加盟していました。

加盟国は37カ国

OECDに加盟するには国のデータや方針がOECDの基準に合っているかの審査に合格する必要があります。

加盟国はOECDが発足した1961年時点では19カ国でしたが、年々増加していて現在は37カ国となっています。

日本は1964年に加盟しました。東京オリンピックが開催された年ですね。

OECD加盟国
国名 country area 加盟年 DACメンバー
オーストリア Austria europe 1961
ベルギー Belgium europe 1961
カナダ Canada northamerica 1961
デンマーク Denmark europe 1961
フランス France europe 1961
ドイツ Germany europe 1961
ギリシャ Greece europe 1961
アイスランド Iceland europe 1961
アイルランド Ireland europe 1961
ルクセンブルグ Luxembourg europe 1961
オランダ Netherlands europe 1961
ノルウェー Norway europe 1961
ポルトガル Portugal europe 1961
スペイン Spain europe 1961
スウェーデン Sweden europe 1961
スイス Swiss europe 1961
トルコ Turkey middleeast 1961
イギリス United KIngdom europe 1961
アメリカ United States northamerica 1961
イタリア Italy europe 1962
日本 Japan asia 1964
フィンランド Finland europe 1969
オーストラリア Australia oceania 1971
ニュージーランド New Zealand oceania 1973
メキシコ Mexico latinamerica 1994
チェコ Czech europe 1995
ハンガリー Hungary europe 1996
韓国 Korea asia 1996
ポーランド Poland europe 1996
スロバキア Slovakia europe 2000
チリ Chile latinamerica 2010
エストニア Estonia europe 2010
イスラエル Israel middleeast 2010
スロベニア Slovenia europe 2010
ラトビア Latvia europe 2016
リトアニア Lithuania europe 2018
コロンビア Colombia latinamerica 2020
資料:OECD、2020年9月現在