地球環境SOSがみえる5+2

地球環境問題とは

工業化された社会において、生産に必要な燃料や原料を自然のなかから無計画に採取して自然を壊したり、生産の過程で発生する廃熱・廃ガス・廃物を、自然が回復できないほど大量に吐き出して環境を汚染したりする問題です。

イラスト さいとうじゅん

世界ではこれまで先進国といわれた国々以外でも工業化のラッシュがおこっていて、環境にたいする悪影響は増加しています。

今のまま進めていくと人間を含む生物が地球で生存していけなくなる可能性もあり、これまでの生産や消費のやり方を見直すことが世界的に求められています。

環境悪化による現象

環境悪化によってもたらされた現象として大きく5つがあげられます。

地球温暖化

国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告によると、地球の平均気温が20世紀の100年の間で0.6℃上がっているということです。

この勢いでいくと、21世紀末までに1.4~5.8℃上昇すると予想されています。

気温が上昇すると異常気象が起こり、人間が安全に暮らせなくなる可能性があります。

温暖化の原因は温室効果ガス= CO2などが増えたことにあるといわれています。
地球の温度は100年で〇℃上がっているって。

CO2、CO2って、なにもの?

森林の減少

森林が減少しています。

森林は多くの野生生物が生息したり、土壌を豊かにしたりする機能があり地球にかかせない自然です。

減少の原因として、世界の人口が増えていて、農地として利用するために森林を切り開いたり、木材を商品にするために伐採したりなどがあげられます。
森林も切ったらなくなります。

生物多様性の減少

地球が温暖化したり、森林が減少したりすると、その環境で生きている生物は生態を変化させたり、また絶滅する場合も出てきます。

地球上に存在する生物は、小さな生き物から大きな動物まで保たれたバランスで生態系がなりたっていますので、ある生物が変化したり絶滅したりしてしまうと、このバランスが崩れて生物全体に影響が及びます。それは人間も例外ではないのです。

絶滅危惧種のうち極めて高い絶滅危惧に指定されている、アムールヒョウ。

砂漠化

森林の木がなくなったり、農地で農業のやり方が不適切だったりすると土地に栄養がなくなってきます。

栄養がなくなると、土壌に作物を生産する力がなくなっていきます。

森林の減少により、そういった土地の面積が増えていて、そのことを砂漠化といいます。

生産する力がなくなった土地では、植物も育ちませんし、水もなく人間も暮らしにくくなります。

水不足

森林や豊かな土壌には、水を貯える機能があります。

雨が降れば雨を吸収して、泉や川で浄化した水を供給してくれます。

土地が砂漠化すると常に干ばつや水不足の状態になります。

いままで暮らしていた土地が砂漠化してしまうと、他に移動しなくてはならなくなり、かといって行先もなく、難民が増えることになります。

つまり「持続不可能」ということです。

さらに2つの現象

近年、さらに2つが加えられる場合もあります。

災害の増大

災害は地震、台風、津波、干ばつ、熱波などの自然災害や、原発事故、紛争、テロなどの人為的な災害があります。

干ばつや熱波などは自然災害でありながらも、人間の開発が要因となっているとの見方もあり、区別がつきにくい問題です。

ただ、災害が増えているということはたしかです。

国際赤十字・赤新月社連盟が毎年発行している『世界災害報告』の統計によると、つぎのとおりです。

件数(年平均) 被災者数
1990-1995年 255 2億人
2000-2005年 406 3.2億人
2010-2012年 372 2.4億人

地域では、被災者数の95%がアジアとアフリカの低所得国に集中しています。

これらの地域は災害への備えが薄いことが挙げられます。

新感染症の流行

2020年は新型コロナウィルスが世界的に拡大し、感染者数は増え続けています。

新型コロナウィルスのように、ここ数十年のうちに新しく流行した感染症を新感染症といいます。

新感染症には、新型コロナウィルスの他、エイズ、SARS、エボラ出血熱、O‐157、狂牛病、鳥インフルエンザなどがあります。

これらの病気はもともと野生動物がもっていたウイルスや細菌等が人に感染したことで現れてきました。

流行しはじめた原因については、つぎのようなことがあげられます。
・森林や密林の開発が進んだことで、人類が未知のウイルスと接触することが増え、それにより感染した。

・これまではある地域だけで流行していたものが、グローバル経済で人が行き来する範囲が拡大したり貿易が発達したりしたことで、拡がっていった。

病気も環境問題と開発が関係していることが推察されます。

地球環境問題とSDGs

上記の、地球温暖化 ― 森林の減少 ― 生物多様性の減少 ― 砂漠化 ― 水不足
は、みなひとつながりになっています。

地球環境問題は、工業、農業、林業、貿易など総合的な問題といえます。

人間が豊かな生活をしていくには、どれも止めることはできません。

ですが、これまでのように競争で“ガンガン”突進していくのではなく、他人に気を使いながら“ほどよく”進めていくことはできるはずだ、ということでその目標をまとめたのがSDGsです。

→ 地球の温度は100年で〇℃上がっているって。