アフリカ分割 地図でフランスの戦略が一目でわかる

アフリカ横断

フランスは、アフリカ大陸をヨーロッパ諸国が分割することを決めたベルリン会議より前の1857年にアルジェリアを征服、1883年にチュニジアを保護国としていました。

そこを起点にアフリカ全体に接続できるような構想をもっていました。
アジア方面へ出る経路を東側へ進めようともしましたが、こちらはイギリスが立ちはだかり、横断することはできませんでした。
そのかわり、ジブチとマダガスカルを確保しました。

フランスの植民地(1914年)